moriya9n.github.io

View My GitHub Profile


kindle 本ベストセラー

みんなのFX

26 August 2018

サマータイム議論、「EUで廃止論」は意図的に流布された記事…“日本版”の本格的な検討を、を読んで

by moriya9n

数字がデタラメだ。

私は40年近く前からサマータイムを検討すべきだと著書などで主張してきている。
3・11の後も電力消費量を15%近く減らす方法として検討すべきだと提案している。

元記事

これから春・夏を迎えます。朝6時半から動き出すのではなく、
2時間ずらして朝4時半からに変更するのです。太陽光をエネルギー
にするのではなく、別の意味で太陽の力を借りるということです。
私の試算ではこれだけで4~5%の削減できる可能性があります。

元記事

前者は、誤解を招くような書き方だ。

主張としては、サマータイムの導入によって 4〜5% 削減できる可能性がある、 ということだと思うが、 その試算根拠は提示されているのだろうか?私には見つけることができなかったので、信じることができない。

tags: