moriya9n.github.io

View My GitHub Profile

WiMAX には罠があるなあ・・・と思った

by moriya9n

IIJmio のファミリープランに大容量プランを付けて騙し騙し使っていたが、 リモートデスクトップを使って開発したりしていると月末に速度が遅くなってしまう。

そこで速度制限がないという広告につられて、WiMAX に加入することにした。

加入してみてわかったが、WiMAX に加入する時、気をつけること。

以下のページを見ていただきたい。老舗のプロバイダ hi-ho のページ。

Point1

速度制限なし、とあるが、実際には、3日間で 10GB の制限がある。 まあ、普通に使えば、3日間で 10GB もあれば十分だろうと思う。

Point2

2980円〜とあるが、それは、特典Bを選んだ時の 1〜5ヶ月目の料金で、最終的には4300円払うことになる。 一度契約すると、(3年か?)更新月以外は解約手数料がかかるので注意。

速度制限解除の追加料金なし!

ギガ放題の注意事項が※1として表示されている。

※1 月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限 ( 月間 7GB 超 ) が適用されません。 ただし、LTE オプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限 ( 月間 7GB 超 ) が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

このページから申し込む限りはギガ放題だから、月7GBという制限は無いだろう。 しかし、その後のハイスピードプラスエリアモード云々。 何を言っているのかさっぱりわからない。

実際使ってみると、結構、電波が弱い。。。前に別の端末を契約した時もそうだった。 大阪市内だが、近くに新幹線の高架があったりするからかもしれない。 見通しの良いところとか、駅の近くとか、近くに高いマンションが無いとか、 そういった条件が必要かもしれない。

そういった電波の弱さを LTE (携帯と同じ方式か?)でカバーするというのが ハイスピードプラスエリアモードのようだ。 ルータにログインすると切り替えることができる。

そういうわけなので、何を言っているかわからない部分は、 電波が弱いと、速度制限無しというメリットは無くなる、 と言いなおせるのではないかと思う。

私は、部屋の中で電波状況の良いところが見つかったので、 満足して使えている。

WiMAX2+端末が着荷した日(課金開始日)または、契約書面を受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間、 初期契約解除制度を利用して本サービスを解約できます。

とあるので、あまりに通信状態が悪ければ、 初期契約解除制度も使えると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加 tags: